2012年12月6日木曜日

最高裁判所裁判官の国民審査もあります!

全国女性シェルターネットからの情報提供です。

これも重要。

(ま、わたしは毎回全員×です。当たり前です。)

                             編集部・S

 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

最高裁判所裁判官国民審査
にあたっての情報提供です。

2011年7月25日に最高裁は
千葉で起きた強かん事件の逆転無罪判決を出しました。

18歳の女性が路上で「殺すぞ」と脅され
被害現場までついていき被害にあったことに対して、
「逃げなかった」「助けを求めなかった」
「抵抗すればよかった」などということで
「経験則」から被害者の証言が信用できないと判断したのです。

さらには被害者が
「キャバクラ嬢」だった
ということも判断材料にされています。

判決文は以下のURLをご参照ください。
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20110725145853.pdf

この判決を出した裁判官は
千葉勝美裁判官、
古田祐紀裁判官、
竹内行夫裁判官、
須藤正彦裁判官の4名です。

そのうち多数意見(強姦無罪)に賛成の立場で補足意見を書いたのは
千葉勝美裁判官、
須藤正彦裁判官でした。
この二人の裁判官は今回の審査対象です。

反対意見を書いた古田祐紀裁判官はすでに退官、
竹内行夫裁判官は審査対象外です。

広く情報共有していただければと思います。

性暴力禁止法をつくろうネットワーク
運営委員会

0 件のコメント: