2013年4月2日火曜日

◆ふぇみん編集部 雑感◆



ふぇみん編集部は、今年の3月11日前後で、岩手県宮古市から釜石を
経由して、陸前高田市、宮城県の唐桑をめぐる取材の旅をおこないました。

その取材の成果は本紙4月5日号をご覧いただきたい。
宮古市重茂、陸前高田、唐桑のルポを掲載しています。

そして、記事にはしきれなかった編集部Iの雑感を、写真とともにご紹介
します。

なお、3本目は飯舘放射能エコロジー研究会による現地調査に同行した
ときのものです。

★その1★
がれきは片付けられていたが、いまだ建物が建つ気配のないところに
目立ったのがプレハブのコンビニ。さすがチェーン店の資本力と対応。
都会でもコンビニの客層は若者から高齢者へとシフトしていると聞く。
ここでも地域の店となっているのかとも思うが、元々の小さな店は
どうなるだろう。



★その2★
左右から津波に襲われてあとかたもない地域にポツンと建つ小さな
コンテナハウスが作業所兼事務所。梅村マルティナさんがプロデュース、
仮設居住の子どものいる女性たちが就労、ドイツ製のオパールという
きれいな色づかいの毛糸で靴下や腹巻帽子をつくる。余り毛糸で
つくったタコがかわいいが、2年めを迎え、製作を続けるのかを含め、
今後の活動を議論中だという。気仙沼での出会い。


手前が製品。腹巻き帽子とはいうけど、ネックウォーマーになる。


これが毛糸。



★その3★

福島駅からほど近い商店街に昨年末開店した「かーちゃん農園わいわい」
に寄ってみた。飯舘、川内などからの避難者の女性たちが作った、
販売所とレストラン。おにぎり弁当300円、定食弁当500円。レストランの
定食はコーヒーもついて850円。漬物や野菜など生産物も並ぶ。
丁寧に作られていておいしかった。牛乳入り味噌汁が抜群。

お店様の様子

定食はこんなかんじ

0 件のコメント: