2008年6月11日水曜日

女たちのコラージュ


ラップ・マム主催の芝居「女/鬼 女たちのコラージュ」をみてきた。チラシのイメージから抽象的な芝居かなと思っていたのだが、女たちの日常を具体的に描いた芝居だった。

登場する女たちの描き方は実に生々しい。男に逃げられ赤ん坊を捨てる若い女性や幻聴(男からの言葉の暴力)に怯えるホームレスと思われる女性、デパートで商品の押し売りにあう女性や職場でのストレスから摂食障害になってしまう女性、さらには源氏物語で嫉妬に苦しむ六条御息所まで登場する。その描き方がリアルなこと!思わず、あるあるとうなずいてしまうような話し方やセリフに会場からはときおり笑いがおこる。私も一緒に笑ってしまった。
でもはたと我にかえってみると、笑ってるけど、これ全部現実にあることじゃん!こうして日常を客観的にみることでその滑稽さで生き難さを実感する。この感覚を得られるから芝居って面白いんだよなあ。

さて最後はどう締めくくるのか…見に行く人もいるかも知れないのでだまっておきます。気になった人は次回の講演をチェックしてみて~。(萬)

0 件のコメント: