2011年11月30日水曜日

抗議を受けても 何も理解できない 防衛省 (怒!)

田中聡・前沖縄防衛局長の「これから犯す前に犯しますよと
言いますか」発言(琉球新報)に、怒りの声が広がっている。

 発言は11月28日、那覇市内の居酒屋で、沖縄地元の記者懇談
会の席で、米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設計画に
向けた環境影響評価(アセスメント)の評価書の提出時期を
政府が明言していないことをめぐって発言。
 29日に田中局長は更迭された。
 
 この発言は沖縄県民への差別意識を表したとともに、女性へ
の性暴力を容認するという意味で、女性への差別ともつながる
言語道断な発言だ。

 沖縄でも抗議行動が大きくなっている。

 ふぇみんは、30日午後、「公人による性差別をなくす会」など
20数人の女性たちとともに防衛省を訪れ、抗議した。

 対応したのは小杉祐一 防衛大臣官房秘書課企画調整官、
田邉英介 防衛省地方協力局沖縄調整官先任部員の2人。





 女性たちが抗議文を渡したあと、
 小杉調整官は「防衛省は田中発言で猛省している」とした。
 続いて環境影響評価書の提出を断念すべきだという要請に
対して、田邉部員は、申しわけないという発言のあと、「沖縄
のみなさまとの信頼関係の構築のために努力してきた。日米
合意に従って評価書に関連する作業は粛々と進める」と発言。


 これには「何を反省しているのか」という声が相次いだ。



 「『犯す』という言葉は無理強いであることがわかっている
から田中前防衛局長は使っているのだ。県民の声を聞いたら、
評価書を断念するしかない」と。

 田邉部員は「発言を重く受け止めている。田仲前局長の発言
が防衛省を代表していると思ってほしくない。私もあの発言に
は、女性の部下に顔向けできないと思った」と。

 福島みずほ事務所の上田さんは「防衛省全体が、何が問題
なのか全然分かってない。環境影響評価書を出せるわけがない
ではないか」と言ったが本当に分かっていない様子。

 しかも女性の部下だけに顔向けできないと思っているなんて。

 「沖縄の歴史を学び直してほしい。琉球処分から戦争で沖縄
が捨て石とされ、さらに軍隊がいる状況で性暴力にさらされて
いる」という言葉も重い。

 日本政府は結局、この田中前局長の発言の何が問題かも理解
していないのではないか、という疑念が膨れ上がった抗議と
要請となった。

0 件のコメント: